医療保険ガイダンス〜知っておきたい選び方〜

ペット保険の変化

ペットのための医療保険、それがペット保険です。
日本においてペット保険の歴史は古く、法改正などにより再編などが行なわれています。
例えば以前ではペット保険の取り扱いは無認可共済という形態になっていましたが、2006年の保険業法改正によって少額短期保険が発足したことをうけ、ペット保険の主な取り扱いは少額短期保険業者や損害保険会社に移行されています。
現在日本においてペット保険をあつかっているのは損害保険会社、少額短期保険業者を含めると9社だとされています。
以前と比べると増加傾向にあり、業界では注目されている分野だといえるかもしれません。
それで以前ではそれらのペット保険会社を選んだり比較するのも容易だったわけですが、種類の多様化などに伴って選ぶのも難しくなってきています。
ペット保険を比べるさいにはさまざまなポイントをチェックすることができるわけですが、例えば取り扱い動物の種類や加入年齢、補償内容、割引制度などは比較する必須項目だといえます。
10歳前後の年齢では加入制限が入ったり、継続して契約するためには年齢なども関係してくることがありますので、ペットの年齢なども加味しておくべきです。
では現在あるペット保険各社にはどのような特徴や違いがあるのかを見てみましょう。
まずアイペット損害保険株式会社ですが、対象動物は犬猫とされています。
多頭割引、無事故継続割引などがありますので、ペットが複数いるような方にはオススメだといえるでしょう。
アクサ損害保険株式会社の特長は新規加入年齢が比較的高い点で、インターネットによる割引なども充実しています。
アニコム損害保険株式会社は対象動物の幅が広く犬、猫に加えて鳥、うさぎ、フェレットなども対象内です。
提携病院での窓口精算が可能になっており非常に便利だと評判です。
日本アニマル倶楽部株式会社は爬虫類の保障まであることで注目されていますが、保険金の支払いが定額払いにであったり定額プランがあったりと個性的です。
株式会社FPCは犬・猫一律料金で10歳まで一度しか保険料が上がらないなど料金体制が分かりやすくなっているのが評価されています。
株式会社ペッツベスト少額短期保険株式会社は最大補償割合80%と割合が高いのが評判で、ペット&ファミリー少額短期保険株式会社はシンプルな補償内容が評価されています。
ほかにもペットメディカルサポート少額短期保険株式会社、もっとぎゅっと少額短期保険株式会社とさまざまな特徴があります。
SEARCH
SHARE
LINEで送る
Copyright (C)2019医療保険ガイダンス〜知っておきたい選び方〜.All rights reserved.