医療保険ガイダンス〜知っておきたい選び方〜

定期と終身タイプの違い

保険にはさまざまな種類がありますが、大きくわけると終身医療保険と定期医療保険のふたつを挙げることができます。
まず終身医療保険のメリットは保証が一生涯であるという点がメリットになっています。
この場合、保険料払い込み期間というものがあり、保険契約が続く限り支払うという終身払いから、一定年齢までの支払いがあるもの、さらには10年間、20年間など一定期間支払いなどもあります。
それぞれの保険によっても保険料などは差が出てきますが、基本的に保険料の支払い期間が短いほど保険料はたかくなってしまいます。
これらの終身医療保険と対照的なものとして定期医療保険というものを挙げることができます。
これは保障期間に限りがあるというものですが、60歳までや70歳までのように一定の年齢まで保障されますので、保障が必要な期間だけ加入することができるようになっています。
保障期間が短い分、保険料が安くなるというのがメリットですが、期間満了で契約が終了した時にさらに加入したいといった場合には保険料が上がってしまったり、病歴などによっては加入できなくなってしまう恐れもあります。
やはり長期的に見るのであれば終身医療保険のほうが安心できるといえるかもしれません。
また定期的医療保険のなかには、10年間や20年間のように何年間の設定で保障期間が決められているものもあります。
上記にあげた一定の年齢まで保障されるタイプとは異なり、更新できるというのが特徴になっています。
険会社が定めた年齢というのがありますので、それ以上は更新することはできませんが、月々支払う保険料は、更新時の条件で決定されていく仕組みになっています。
更新時に告知書などによる新たな診査の必要はないので、病歴によって加入が拒まれるということもありません。
このタイプは終身医療保険と定期医療保険の中間的な医療保険だといえるかもしれません。
しかしどちらかといと定期医療保険の種類になりますので、長期間続けていくと終身医療保険の保険料を上回ってしまうという落とし穴があります。
このように定期医療保険にするか終身医療保険にするかは大きな違いがありますので、自分のライフスタイルなどを見なおして、しっかり考える必要があります。
また結婚しているかや子供がいるかなどによってもこれらのプランは変わってきますので、現在の医療保険について疑問がある場合には専門家などに気軽に相談してみるようにしましょう。

注目の医療保険、役立つこのホームページが手軽で便利です

SEARCH
SHARE
LINEで送る
Copyright (C)2019医療保険ガイダンス〜知っておきたい選び方〜.All rights reserved.